【年に一度】 黄色い椿25度1800ml 【八千代伝酒造】 の通販

  • 銀行振込
  • 郵便振替
  • 代金引換
  • クレジット JCB
  • クレジット MasterCard
  • クレジット American Express
  • クレジット VISA
  • クレジット Diners

【年に一度】 黄色い椿25度1800ml 【八千代伝酒造】 

3,080円(内税)

在庫状況 残り11本です

キャッシュレス消費者還元
購入数

商品説明

年に一度の限定品【黄色い椿】
繊細で上品な全黄こうじの米麹に、甘い安納芋を掛けた春の限定芋焼酎。米麹作りが難しい黄麹と、生産が少ない安納芋で仕込むため、どうしても1年に1回の蔵出ししか出来ません。黄こうじの上品さと、安納芋の甘さが織り成すハーモニーをご堪能ください。 銃声絶え 夏草繁る 広西に 黄色い椿を 探していたり 「黄色い椿」という名は、先代の短歌集からとった。学徒出陣、大陸の中国戦線に参戦した先代は、強烈な平和主義者だった。戦争を起こすのは、「人間として本質の部分だろう。」と言いながら、「これからの平和な時代を築くのは、あなた達の大切な使命ではないか。何をしおるか。」と若者を叱った。 短歌集で、自らの戦争体験を語りながら、反戦への思いは人一倍強かった。その一つに、「銃声絶え 夏草繁る 広西(カンシー)に黄色い椿を探していたり」がある。 探していた黄色い椿は、先代の中で平和の象徴であり、人への優しさや思いやりだったのだろう。20年程前、「金花茶」という名の黄色い椿が先代の花園に植えられていた。その時の嬉しそうな顔を忘れない。 昔日の広西(カンシー)の黄色い椿は、探し出せたのかどうか聞きそびれたけれど、思いは大陸へ飛んでいったことだろう。黄こうじで仕込んだこの春の限定焼酎を、「黄色い椿」と名付けて、平和であることを祈り、そしてすべての人の生が幸せであることを願う。この焼酎で、先代と蔵人の思いを伝えることができたらいいと思う。これから毎年の春に、この「黄色い椿」を蔵出しできるよう精魂を傾けたい。世の平穏と安寧の証として。


商品概要

【商品名】黄色の椿
【度数】25度
【内容量】1800ml
【蔵元】八千代伝酒造
【麹】黄麹
【販売方法】単品販売
【ご注意】実店舗でも販売しておりますので、商品がない場合がございます。

箱代について

ご注文の本数に応じて箱代がかかります。
1本ご注文の場合:216円(税込)
2本〜3本ご注文の場合:324円(税込)
4本以上ご注文の場合:0円(無料サービス)

送料について

お届け先の地域ごとに応じて地域別送料がかかります。 詳しくは「地域別送料一覧表」をご覧ください。


ピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。